はげにプロペシアを!まずは効果と副作用を紹介

プロペシアの効果について

プロペシアは薄毛や脱毛のための飲み薬です。
主に男性に向いており、薄毛の女性にはおすすめできません。プロペシアはあくまで男性用の治療薬なのです。それはその効果が理由になっています。
男性の薄毛の原因は男性ホルモンによるものですが、その男性ホルモンの生成を抑制する効果がプロペシアにあります。元々プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、その副作用として服用した患者の毛髪が増えたという報告がされました。以来、育毛剤として研究されていき、現在のような飲み薬になったプロペシアは抜け毛と薄毛の原因を防ぐ効果を得たのです。
しかし先述したように男性ホルモンの生成を抑制することで薄毛の原因を除去しているので、ストレスによる薄毛や脱毛や女性特有の全体的に毛髪が落ちて行く脱毛症、そして直接的な発毛および育毛効果などはありません。そのため男性ホルモンが少ない女性には効果があるどころか、ホルモンバランスを崩す原因となります。つまり逆効果というわけです。
けれど男性の薄毛に対しては現状維持や全体的に目立たなくすることに最適な育毛剤として知られています。なお効果が現れるには6カ月の時間が必要であるといわれています。

プロペシアによるAGA治療の効果と副作用

プロペシアは頭髪の抜け毛や薄毛を防ぐ飲み薬で、薬局などで販売されていませんが、専門クリニックや一般病院で診察を受ければ誰でも処方してもらえます。AGAは男性ホルモンであるDHTが原因とされ、このホルモンを生成するためには毛乳頭細胞にある5α還元酵素が必要となります。プロペシアは5α還元酵素の働きを阻害することでDHTの生成を抑制し、その原因を抑えることでAGAが進行するのを抑えることができるのです。元々は前立腺肥大症の治療薬として開発された薬ですが、服用中に毛髪が濃くなったという副作用が発見され、研究によってAGA治療に効果的な薬として認められた治療薬です。即効性はありませんが、継続して服用することで症状を抑え、抜け落ちた髪の毛を取り戻す事が可能です。プロペシアは女性にとって禁忌となっていますが、安全性が高いという特徴があります。ただし、継続して服用することが前提となるため、長期の治療において副作用が発生するリスクが高いのも事実です。報告で多いのは他の医薬品でも起こり得る頭痛や腹痛、下痢といった消化器系の問題もありますが、重度な副作用には性欲減退、勃起不全、うつ症状などがあるため、使用には十分に注意する必要があります。